読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18時30分に乗ってみた

姉兄妹ではじめるブログ 日本とニュージーランドの生活共有日記

決定版!英語で日本を語ろう〜食編〜

こちらに留学をする前、2010年春に買って今の今までずーっと持っていた

English Plus』の”英語で日本を語ろう”っていうページ

これがなかなかしっかりした模範解答を書いているので

自分のメモとして、日本のことを英語で伝える機会がある人のために

p.26〜43までを原文そのままま書き出してまとめていくよ!!

 

参考雑誌

風早健史 & 中村智哉. (2010, 5月). English Plus [特集]決定版!英語で日本を語ろう.

成美堂出版株式会社. 東京. 日本.

 

【 食 】p.28-29

 

f:id:atasa305:20161125060740j:plain

 

お箸の使い方を教えよう!

Chopsticks are used to eat most Japanese dishes. Hold the chopsticks towards their larger end. Make sure that the bottom chopstick remains still while moving the upper chopstick to get the food. Also, dont stick chopsticks into food or point them at someone. These actions are considered bad manners in Japan.

 

お箸は、日本食のほとんどの料理に対して使われます。お箸の太い側の端をもつようにしてください。上側のお箸だけ動かして、下側は動かさないようにしましょう。また、食べ物にお箸を突き刺したり、お箸で誰かを指さしたりしないように。これらは日本では悪いマナーです。 

 

f:id:atasa305:20161125060728j:plain

 

「いただきます」「ごちそうさま」

Usually, Japanese people say, Itadakimasu,” before eating a meal. It basically means: Lets eat. By saying this we are thanking the cook and nature for providing us with food. At the end of the meal, we say, Gochisosama,” which means: It was a great meal. Thank you. The word gochiso originally meant to run around doing all the errands necessary in order to serve a good meal to your guests. When we say these words, we put our hands together as if in prayer.

 

 日本人は、大体いつも食事を始める前に「いただきます」といいます。これは「ご飯をいただこう」という意味の言葉で、この言葉を言うことによって料理を作ってくれた人や自然に対して食べ物を与えてくれたことに感謝を示しているのです。食事の最後には、「ごちそうさま」といいますが、これは「美味しい食事でした、ありがとう」という意味になります。「ご馳走」という言葉にはもともと客のためにあちこち走り回ってよい食事をしたという意味があります。これらの言葉を言うときには、お祈りをする時のように両手を合わせるしぐさをします。 

 

f:id:atasa305:20161125060846j:plain

 

魚を生で食べる理由

Japanese people tend to like raw fish, such as sashimi. But in the past, this type of delicacy used to be only for rich people. It was only after World War II, when refrigeration and better methods of transportation became available, that ordinary Japanese people were able to enjoy eating this type of fish.

 

刺身のように生の魚を好きな日本人は多いです。しかし昔は、生の魚は富裕層のためのものだったのです。第二次世界大戦後になって、冷蔵技術、そして輸送技術が新鮮な魚をあちこちに遊佐翁するのに便利なほどに改善されたのです。そしてすべての日本人が生の魚を食べるになり、それは皆のご馳走になりました。

 

f:id:atasa305:20161125061028j:plain

 

ご飯とお味噌汁が基本

The typical Japanese meal consists of rice, miso soup, pickled vegetables, and fish or meat. Japanese food is usually lightly-flavored, mainly with soy souse. It has lower calories compared to Western food and is nutritionally well-balanced. Thanks to these kinds of Japanese food, Japan is known as the country with the highest life-expectancy rate in the world.

 

一般的な日本の食事は、ご飯と味噌汁、そして漬物、それに魚か肉が付きます。日本食は通常おもに醤油によって薄く味付けされています。欧米の食事に比べてカロリーが低く、栄養的にもバランスが取れています。これらの食事のおかげで、日本は世界一の長寿国として知られています。

 

f:id:atasa305:20161125061134j:plain

 

なぜ、麺を食べるときに音を立てる?

Japanese like to make noises when eating soba, udon, and other Japanese noodles. They do this to get the best flavor out of the noodles while they are hot, as Japanese noodles ten to lose their flavor quickly when they get cold. Also, the edokko (elderly people who were born in Tokyo) believe it is cool to make noise while they eat. Quite a few Japanese dont know that making noises while slurping is considered bad manners in the West.

 

日本人は蕎麦やうどん、その他の日本の麺を食べる時には音を立てて食べようとします。これは、麺が熱い間に美味しく食べようとするためです。日本の麺は冷たくなるとすぐに味が落ちてしまいがちなのです。また、江戸っ子(東京で生まれ育った年配の人たち)は特に音を立てるのがかっこいいと思っています。日本人の中で、すするときに音を立てるのが欧米ではマナー違反だと知らない人は少なくありません。 

 

errand って単語を知らなかったし、こういう模範解答があるとあとは覚えるだけで日本のことを伝えられるよ!ありがとう成美堂さん!